2019/01/09

佐井村のためにできることを考えるの続きなのですが。
結論から言うと、佐井村にいるからできること、いないからできることがあります。
けど現状はそれぞれがそれぞれの立場でできることを必ずしもやれていないんじゃないか?とも思います。
それは自分もそうです。
自分自身がやっていることは佐井村にいる人がやるべきことなのか?
「佐井村にいたい」という気持ちは誰にも否定できるものではありません。
しかし本人が「佐井村にいたい」と思っても、佐井村がその人を必要としているかは別です。
そういえば徳島県神山町では、町が欲しい人材を指名するということをやっていました。
それに近いことかもしれません。
むしろ佐井村も、今どういう人材が必要かを明確化して、それに合った人材を招致したほうがいいのかもしれません。
それは村の出身者であってもよそ者でも良いんです。
今の村を知っている人が、今の村でこういう人材が必要だと明確化すれば、もしかしたら今村にいる人が外に出て必要なスキルなどを得て帰ってくるかもしれないですし。
あと村の外にいるからこそできることを明確化して、それをお願いすることも大事かもしれないですね。