2018/11/15

手塚治虫のブッダを読み終わりました。
想像していたよりマンガでしたが、その中でも仏教の教えに通じるエピソードが散りばめられており楽しく読むことができました。
意図してかはわかりませんがあまり説教っぽくはなく、むしろブッダですら苦悩したり失敗したりする存在であるというような描かれ方をしておりました。
もともと高校の倫理学が好きで、個人的にも宗教などに関する本や調べ物をすることが好きだったので、こういう話は好きです。
できればこんなテイストの聖書も読んでみたいところです。