2018/03/25

中学生や高校生の時分は音楽を聴きながら寝ることがよくありました。

受験期にはそれが英単語や古文単語に変わったりしましたが、とりあえず寝るときに何かを聴いたりしながらということは多かったです。

最近は漫才です。

AmazonビデオでM-1や漫才単独ライブを流しながら眠りにつきます。

ただ漫才も動きや顔が笑いのポイントになったりしていることがあるので、そういうのだとつい画面を見てしまいます。

そうすると眠れません。

ですので何十回と繰り返し見ていて、この時はこういう顔をしている、この時はこういう動きをしている、というのがイメージできるまでになった、トータルテンボスさんの漫才で眠りにつくことがほとんどです。

ただ最近は落語が面白いと感じるようになりまして。

まだ寝るときに流しながら寝るということはしていないのですが、落語だったら音声だけでおもしろさがわかります。

これはいいんじゃないかと思っています。

また受験期に英単語や古文単語のCDを流しながら寝ていた時のように、もしかしたら落語を憶えるまでになるかもしれません。

そうするとちょっとしたかくし芸になります。

まあたぶんそこまではいかないのでしょうが。

落語、楽しみです。