2018/01/05

攻殻機動隊の新劇場版を観たのでゴーストと電脳化について色々考えてました。
ゴーストのデータ化って可能なんですかね?
ゴーストが第三世界へ向かうということは、つまりゴーストのデータ化だと思うんですよ。
AIとゴーストの違いとは?なんてことを考えてました。
経験=データの蓄積から人格を形成していくAIと人類の精神や魂というものはどう違うのでしょうか?
結局は外殻の有無でしかないような気もしてきました。
健全な魂は健全な肉体に宿ると言いますし。
つまりゴーストとは外殻に付随して存在するものなのかな?と。
しかしそうなると、ほぼ最初からゴーストだけで存在していた少佐はどうなるのでしょう?
逆にAIに対して肉体というものを与えたらどうなるでしょう?
ゴーストがデータ化できるとしたら?
もしかしたらこうして悩んでいるのも、実際はデータが過去の蓄積から最適解を求める処理してるだけだったり。
例えばamazonやYouTubeなんかでそれぞれの好みに合わせたオススメが出たりしていますが、そういうのもある種の人格だとすれば、人格の一部はデータ化されていると言えるわけです。
そのデータはネットと常に接続されており、スマートフォンというツールを通じて肉体の一部となっています。
ある種の電脳化ですよね。
こうやって考えることができるので攻殻機動隊って好きです。