2017/12/27

ステ振りの話

ステ振りというのはテレビゲームなどでキャラクターのレベルがアップする時にポイントが付与されプレイヤーがそのポイントを自由にステータスに割り振れるシステムのことです。

ステ振りできるRPGだと大体スピード1番、パワー2番の優先順位で特化的にステ振りします。
自分の人生を考えてみても特化型のステ振りが多かった気がします。
小学校から大学までは陸上競技、院はオタク。
ただ今思うとそのステ振りは間違ってたようにも思えます。
言うなれば、職業適性が僧侶なのにスピード&パワー特化みたいな。
要するに自分が陸上競技に費やした時間をそのまま他の自分に適した分野に費やしてたら、陸上競技とは比べものにならないような成果を上げていたのではないか?ということです。
まあでも陸上競技に費やした時間を後悔してるかというとそんなことはないんですがね。
 
もう一つステ振りで思うのが店の方針。
開業してから今まではどちらかというと満遍なくステ振りしてきました。
飲み物、食べ物、地場産品の使用、低コストな素材の使用、企画などなど。
比較的様々なものに挑戦してきました。
そして店が少ない佐井村で様々な要望に応えていくと、専門店よりそういうオールマイティーな方が需要があるのだともわかってきました。
一方で外の人からすると専門店の方が魅力的に見えるものです。
具体的には、村民からするとコーヒー専門店は需要がなくて、コーヒーや紅茶や日本茶やパスタや食事を安くおいしく提供してくれて、メニュー数も多く提供も早いような、言ってみればガストみたいなファミレスが需要あるんです。
けど村外の人からするとそんなファミレスはどこにでもあるからわざわざ佐井村まで来る目的にはならないんです。
じゃあコーヒー専門店が目的になるかというと必ずしもそうではないのですが、全体にステ振りしてどれもパッとしないステータスよりは、他のステータスが平均以下でもパワーだけはトップクラスなステータスの方が面白いと思ってくれるはずなんです。
旅行というのは非日常ですから、そういう常識はずれなステータスを楽しみにしてくれると思いますし、例えば勇者だったらどのステータスを上げるか迷って結果全体的にほどほどのステ振りになると思うんですが武闘家だったら迷わずパワー&スピードにステ全振りできるわけです。
ファミレスと言うとどのメニューもほどほどに美味しくしなければならないですが、ラーメン屋ならラーメンだけ追求できるんです。
個人差はあると思いますが、ファミレスのラーメンよりラーメン屋のラーメンの方が美味しいのは、そういう特化型のステ振りだからじゃないでしょうか。
なので私もカフェと言いつつほぼコーヒー専門店みたいなステ振りをしてクオリティを高めた方がいいのだろうか?なんて考えながらコーヒーの研究を最近やってます。
12/29~1/4お休みします。