2017/12/20

三内丸山遺跡、青森に住んで5年になるのに今年になって初めて行くことができました。

といっても遺跡は見ていないんですが。

中の資料館的なところを見ました。

縄文時代はこの辺が日本の文化の先進地だったなんて不思議ですよね。

今でも住みにくいのに当時ならなおさらな気がするのですが。

住みにくいというのはやはり冬の寒さという点ですが。

特別大きな河川があるわけでもないですし。

不思議ですね。

関係あるかはわからないですが、サルもこの辺が北限ということは霊長類的にはこの辺が自然に生きていける限界ということなんじゃないでしょうか。

勉強になったのは、あの辺の時代はなんとなく勾玉ってイメージあるのですが、三内丸山遺跡では勾玉じゃないんですよね。

丸井ヒスイだったみたいです。

歴史は基本的に苦手ですが、縄文時代のことはちょっと気になっている私です。